この下のボタンを押して
お部屋の料金を確認しましょう.
心よりみなさまを歓迎します.


Kiyomizudera Temple Sannenzaka

清水寺



清水寺(きよみずでら)は、京都東山の音羽山の中腹に建つ歴史ある寺院です。創建は平安京遷都よりも古く延鎮上人により778年に開山されたと伝えられています。 清水寺は始め「北観音寺」と呼ばれていましたが、境内にわき出る清水が観音信仰の黄金延命水として神聖化され、一般にも清めの水として「清水」が知られるようになり、 後に名称を「清水寺」に改められました。

そんな清水寺の由来となった清水が、現在でも「音羽の滝」の名水として、観光客に親しまれています。 清水寺の一番の見所は「清水の舞台」で有名な本堂です。崖下からの高さは18mあり、舞台からは京都市内が一望できます。

清水寺を代表する建物が南西正面に清水の舞台を有する本堂です。本堂にはご本尊の千手観音、毘沙門天、地蔵菩薩を安置するする厨子がおかれています。 清水寺は何度も火災により焼失し、現在の本堂は1633年に徳川家光の寄進により再建されました。「清水の舞台」は本堂の前にせり出した構造で、 懸造(かけづくり)といわれれ長谷寺や石山寺の本堂も同じ構造となっています。

三年坂入口から石段を下ると小さな瓢箪がたくさん下がったお店があります。 転ぶと三年で死んでしまうといわれる伝説が有名ですが、この瓢箪を購入すれば大丈夫と言われます。 重要伝統的建造物群保存地区に指定されているため、風情ある街並みを楽しみながらあちこち立ち寄って 食べ歩きをするのがオススメです。 二寧坂(二年坂)は清水寺へ向かう参道の一部で、三年坂から続く石畳の緩やかな坂道です。道の両側には京都らしいお店が軒を連ね、寺院を見学も兼ねて散策されると良いでしょう。 二年坂も転ぶと二年で死んでしまうといわれる伝説が残りますが、こちらは救いになるお店はありません。なので絶対に転ばないようにしましょう。


清水寺への行き方



カトリックハウスから清水寺には、206番の京都市バスが乗り換えなしで大変便利です。バス停は徒歩3分の至近にありますので受付にお尋ねください。 降車するバス停は「五条坂」バス停で、車内アナウンスもあるので間違えることはないでしょう。また市バスの一日フリー乗車券が必要な場合は、車内でバスドライバーからご購入ください。